緊急帝王切開での出産

私は陣痛が始まってから24時間過ぎても、子宮口が開かず、苦しい状況が続いていました。
夜中になって、もう一度だけ助産師さんに確認してもらったら、少し横になってみようかと思いました。
そうしたら、他の人の出産が始まってしまい、約1時間、助産師さんの手が空くのを待ちました。
それで、ようやく診てもらったら、胎児の心拍が落ちていると言われ、当直の先生が呼ばれました。
すると、院長先生に連絡して!ということになり、緊急帝王切開で出産しましょうと言われました。
手術の同意書を書き、分娩台で主人と待ちました。
廊下には、わらわらと看護師さんが集まっているようでした。一体、この病院のどこに潜んでいたのかと思うほど、たくさんの人が来たようでした。
一時間ほど待つと、主人は待合室に追い出され、麻酔をされて、手術が始まりました。
無事に出産が終わり、下半身麻酔なので、移動ベットで病室まで行きました。
ベットの周りにはたくさんの人がいて、何やら雑談しています。
主人は赤ちゃんの方に行ってしまったようでした。
少し眠りましょうと言われ、軽い睡眠薬をかがされたようでした。
後日、夜中に皆さんを起こして大変お世話になりましたと看護師さんに言ったら、あの時、院長先生は近くに住んでいたので電話で呼び出したけど、あとは宿直の看護師さん2人と近所に住んでいた助産師さんが集まっただけですよと言われました。
私には10人以上集まったように感じていたので、なんだか可笑しかったです。ツアーナース

ダイエットの秘訣!

いままで試したことがあるダイエットは、ダイエットサプリ、ダイエット食品、ジムやヨガ等等いろいろ、確かにそれぞれ効果は少しあったりするのですが
経済的に続けるのが難しかったり、体力的にきつかったり、一人で黙々と運動するには意力が足りなかったりなどの原因で途中で投げ出してしまって、結局最後はもとのスタイルに逆戻り。
次男出産直後、退院までの間暇だったので本当に簡単なストレッチだけをしていました。
もちろんネットで産後の復帰的な感じで検索して負担のないダイエット感覚で試したんですが、なんとこれが効果抜群!
出産直後なので水ぶくれが少し残っているのが通常なんですが、前屈だけ、横になって腕を上げてグーパーだけなど本当に簡単な動作をするだけで
長男の時とは比べ物にならないほどのスピードで水分が抜けていきました、そしてそのまま本当にテレビを見ながらできるような簡単な動作を繰り返すだけで長男出産時よりスタイルが結婚当初に近くなってました。
私の独断と偏見ですけど、ダイエットって効果があまり見られなくても負担無くずっと続けられるのが一番のポイントだと思います。筋トレしながら痩せたいならガクト ダイエットもいいみたいです。サプリだから手軽に続けられそうですよね。

SNSを始めて楽しくなった

色々問題点ばかり指摘されがちなSNSですが、わたしはSNSに救われ、SNSをうまく利用することで毎日楽しくなりました。
楽しい情報の共有や、普段なら絶対近寄る事すら出来ないような雲上人と繋がれたり、悩みを聞いてもらったりして本当に楽しいです。
リアルな人達と直接お話し合うのが一番良いのでしょうが、会う人のレベルを上げることってそう簡単ではない気がするのです。
ですが、SNSなら簡単にレベルの高い人の話を聞けたり、お話が出来たり、考えを見ることができます。
おかしな誘惑も多いですが、うまく自己防衛して取捨選択してゆけば、現実世界よりもずっと簡単にたくさんの人と繋がれるし、楽しく過ごせます。会いたいなと思う人には会いに行くこともできます。あった時全くの初対面よりも、SNSの何何でフォローしてます〇〇って記事面白いですねと会話のきっかけも簡単です。
そのために、SNSではなるべく現実世界では繋がりにくそうな職業や地域の方々をフォローするようにしています。会社の人や学生時代の友達ばかりでは変化がないからです。
おかげで色々な世界の人を知ることが出来たり、知らない日常を過ごす人を見られて楽しく過ごせます。